うなぎレシピ

うなちゃんこ

鍋を食べ終わった後の汁には、うなぎの白焼きからほどよい油が出て、残りのスープとからみ、 一層からだが温まります。

どじょうが手に入らないときは、うなぎだけでも十分美味しいです。

作り方

  1. こんにゃくは、あらかじめ茹でておき、野菜は食べやすい大きさに切る。 (こんにゃくは、そぎ切り、長ネギはブツ切り、にんじんは乱切りなど)
  2. 油揚げに熱湯をかけ油抜きし、半分に切り袋状にする。 かんぴょうは塩でもみ、水で戻しておく。
  3. うなぎの白焼きを表面に焦げ目がつく程度に焼き、一口大に切る。 どじょうは頭を落とし、背開きにする。臭みをとるため、酒で下煮をする。
  4. 一口大に切った鰻の白焼きと、白飯、溶き卵を油揚げにつめ、口をかんぴょうで結ぶ。 どじょう2匹分とささがけにしたごぼうと、溶き卵を油揚げに詰め、口をかんぴょうで結ぶ。 また、うなぎの白焼きとどじょう、ごぼう、白飯を交互に入れ、お楽しみにしても楽しいですね。 ※油揚げの中身は、詰めすぎないのがポイントです。(ごぼうは少なめに)
  5. 土鍋にAを入れ、スープを温める。温まったところに、団子状にしたつくねを入れる。つくね団子が浮き上がってきたら、白焼きなどが入った油揚げや野菜を入れ、煮えたところで出来上がり。 ※あさつき、七味とうがらしはお好みで。
  6. 鍋を食べ終わった後は、出汁のでた残りのスープに白飯(茶碗1~2杯)と焦げ目のついたうなぎ白焼きを入れ、雑炊でしめくくる。

材料

  • うなぎ白焼き
  • 2本
  • どじょう
  • 8匹
  • ごぼう
  • 10cm
  • 油あげ
  • 4枚
  • かんぴょう
  • 少々
  • 白飯(雑炊分も含む)
  • お茶碗2膳程度
  • 4個
  • 少々
  • つくね
  • 200g
  • 絹ごし豆腐
  • 1丁
  • 白菜
  • 1/4個
  • こんにゃく
  • 1/2枚
  • 長ネギ
  • 2本
  • にんじん
  • 1本
  • A:鶏がらスープ
  • 6カップ
  • しょうゆ
  • 1/2カップ
  • みりん
  • 1/3カップ
  • 少々

美味しく召し上がるポイント

※あさつき、七味とうがらしはお好みで。

材料のうなぎ

国産 うなぎ 長白焼き(中)1本~ (真空パック)

脂ののった柔らかいうなぎを、鰻職人が丁寧に焼き上げ、美味しさそのまま真空パックに閉じ込めました。